インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

その他

【製本図鑑】4種類の製本方法を写真付きで解説!

先日のコラムで、12種類のパンフレットの折り方についてご紹介しました。
1枚の紙を折るだけで、あんなにも様々なバリエーションがあり、見え方も全く変わってきて、そういうところが印刷物制作のおもしろいところでもあります。

では、パンフレットよりもページ数の多いものを作るとなったら、どんな仕様があるのかな?と思われた方のために!(笑)
製本の種類をご紹介したいと思います。

製本とは

簡単に言ってしまうと、「本」の形にすることです。
何枚もの紙を針金・糊・糸などで綴じて、表紙をつけたりすると本ができあがります。
その綴じ方や表紙のつけ方などでたくさんの製本方法があるので、
今現在、社内にある本で製本方法を詳しく見ていきます!

中綴じ

40_colum_1
40_colum_2

中綴じは、全てのページを二つ折りにしてその中心をホチキスで留めた製本です。
パンフレットやページ数の少ないカタログなどによく使われています。
開きやすく見やすいのも特徴です。
ホチキスの形がちょっと変わっているものもありました。
40_colum_3
アパレル系の季節商品カタログです。
こういうところにもその会社の素敵なセンスが見え隠れしていますね。

同じ中綴じでも、ホチキスではなく糸で留める製本方法もあり、
「中綴じミシン製本」などと呼ばれるようです。
それがこちらです!
糸の色を変えることでも見え方を変えられます。
40_colum_4
40_colum_5

リング製本

40_colum_6

これも親しみがあるのではないでしょうか?
リングはこの写真のように2重になっているものだったり、
1本の螺旋状のものであったり、プラスチック製だったりといろいろな形状があります。
ノートなどによく使われていますね。

無線綴じ

ページ数が多くなると、中綴じが難しくなってきます。
そこで登場するのが、この無線綴じです。
本の背になる部分を糊付けして1冊にまとめています。
40_colum_7
40_colum_8
このように表紙だけ折り返しをつけたり、
表紙裏に違う紙で見返しをつけたりということもできます。

文庫や新書もこの無線綴じで製本されています。
このようにカバーが付いているものも多いですね。
40_colum_9

上製本

上製本よりも「ハードカバー」の方がよく聞く言葉かもしれません。
こんな綴じ方のものを指します。

40_colum_12
小説などの単行本はこの形で製本されていることが多いですね。
上の写真は背の部分が丸くなっている「丸山製本」と呼ばれるものです。

40_colum_10
このように四角になっているものは「角山製本」と言います。

上製本には、本文部分の綴じ方に種類があります。

上記の丸山製本のものは糸かがり綴じがされていて、背と本文部分がくっついています。
この製本方法はとても丈夫に仕上がりますが、
開く際に中心部分が完全に開かないので、開くにくさを感じることもあります。
【拡大▼▼▼】
40_colum_13

上記の角山製本のものは、本文部分が糸かがり綴じになっており、
かつ背と本文部分が離れて浮くようになっています。
そのため本文部分が上記のものよりも開くやすくなっています。
丸山製本でも角山製本でも、背にくっつけて製本できますし、
浮くように製本することもできます。
【拡大▼▼▼】
40_colum_11

まとめ

以上、製本方法を大別して4種類ご紹介しました。
あれ?パンフレットの折り方よりも製本の方があまり種類がない・・・
と思うかもしれませんが、カバーの有無、表紙の折り返し、見返しの有無などなど無限に広がります!
どんな製本にするか決められない!という時には、ぜひインビジョンにご相談ください。
ご希望に合う制作物をご提案させていただきます!

お問い合わせは下記から♪▼▼▼

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。